ドラゴン クエスト

(はじめに)

ドラゴンクエストI~IIIの三作は、「勇者ロト三部作」と言われています。世界観・音楽・ストーリー・キャラクター・モンスターどれもが秀逸で、多くの子供たちを魅了しました。新作の発売日には全国のお店で行列ができ、社会現象にまでなりました。
当時ファミコンでこれら三作を遊んだ人たちの中には、自分の冒険が続けられなくなったつらい経験がトラウマとなり、現在でもパソコンや家電製品のデータのバックアップを怠らないという人がかなり多いのではないかと思います。
その後、いろいろなハードウェア向けにたくさんリメイクされていますが、特に断りのない限りここで話題にするのは、原作「ファミコン版 ROMカセット」のことです。

DRAGON QUEST 25th ANNIVERSARY

ドラゴン クエスト

「ドラゴン クエスト」(以下「DQI」)は、兄が友だちから借してもらったときにはじめてプレイしました。
兄が借りてきた謎の黒いカセットのラベルを見たとき、 Dr.スランプ(アラレちゃん)やドラゴンボールの人がゲームを作ったのかと思いました。DQIをプレイして強く印象に残ったのは、1階と2階で微妙に違うラダトーム城の曲、地下深く潜るたび低く不気味になっていく洞窟の曲、そして、「いいえ」と答えることを許さない恐怖の無限ループ質問「わたしをおしろまでつれてかえってくれますね?」「ローラのことをおもってくださいますか?」です。

それでは、DQIでの旅の記録方法を振り返ってみます。
DQIの旅の記録方法には「ふっかつのじゅもん」というパスワード方式が使われていました。
ふっかつのじゅもんを教えてくれるのは、「ラダトームの王様」「*****(ネタバレ防止)」です。

——————————————————————————-
【DQI…ふっかつのじゅもん(20文字)】
——————————————————————————-
DQIのふっかつのじゅもんは、五・七・五・三の計20文字、俳句っぽい区切りでした。

旅を中断したくなったらラダトーム城の王様に会います。すると王様が、
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  やゆりひと ときべららめゆ
┃  りきちごず らぞず

┃*「これを かきとめておくのだぞ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
という感じでふっかつのじゅもんを教えてくれます。
ランダムなひらがなの羅列が表示されるため、日本語の単語が出たり、意味ある文章になっていることはまれです。俳句や詩のように楽して暗記することはできません。王様の言うとおり、紙などにメモしておく必要があります。

一文字でも書き間違えると、旅を再開しようとしたときに「じゅもんが ちがいます」という冷たいメッセージが出ます。その日の分の冒険はパアになってしまいます。

20文字なら楽勝な気がするのですが、「画面の文字を読み 声に出し 紙に書く」過程で、「ぢ」と「じ」、「づ」と「ず」を間違えてしまうおそれがあるので油断できないです。
また、ドラクエを知らない家族が落書きと勘違いして捨てる可能性もあります。考えたくないことですが、悪い人が「か」を「が」に書き換えたり、「さ」を「き」に書き換えてしまうかもしれません。

「何度も見直す」「『ぢ』は『じ』より強く、『づ』は『ず』より強く読む」「いやな文字が現れた場合、王様にもう一度話しかけ、別のパターンのじゅもんを聞く」という対策を立てたのを覚えています。

「できたら必ず見直し」の大切さを教えてくれたのは、DQIです。

——————————————————————————-
DQI ふっかつのじゅもん まとめ
——————————————————————————-

・ ふっかつのじゅもん=旅の記録

・ 20文字正確に書き取るのがちょっと大変

・ 一文字でも間違えると旅の再開が不可能に

・ 書き留めた紙をなくすと旅の再開が不可能に

・ 悪い人に捨てられたり改竄されるおそれがある

——————————————————————————-

DRAGON QUEST I II (GBC版)

15年ぶり DRAGON QUEST I (GBC版)

ゲームボーイカラー版のDQI・IIと本体を押し入れから発掘して、久しぶりにDQIを起動してみましたが、これでした。バーチャルコンソールでの発売を期待したいです!

次回は「ドラゴン クエストII 悪霊の神々」です。

初期診断・見積もり無料 お問い合わせは 0120-29-6929
診断・見積もりのお問い合わせ先
  • このエントリーをはてなブックマークに追加