障害が発生したときには

高確率なデータ復旧のために

万一、お使いの機器で障害が発生した場合には、高確率な復旧のために、下記のことにご注意ください。

障害が発生したときには

障害発生時の注意点

OSが起動しない場合は、すぐに電源を切る

そのまま電源を入れておくと、さらに症状が悪化する恐れがあります。すぐに電源を切り、データリカバリーサービスにお問い合わせください。

エラーが表示されOSが起動しない場合もすぐに電源を切る

「Yes」or「No」を選択するメッセージが表示された場合、「Yes」を選択するとさらに症状が悪化する恐れがあります。また、電源を入れたままにしておくと、症状が悪化する原因になります。すぐに電源を切りデータリカバリーサービスにお問い合わせください。

フォーマット要求のメッセージは「いいえ」を選択してフォーマットしない

フォーマットを実行すると、データ復旧率が下がる恐れがあります。絶対にフォーマットしないでください。また、そのままの状態が続くと、さらに症状が悪化する恐れがあります。なお、誤ってフォーマットしてしまった場合でも、データ復旧できる可能性が残っております。データリカバリーサービスまでお問い合わせください。

スキャンディスクやデフラグなどをおこなわない

スキャンディスクやデフラグをおこなうと、データ復旧が困難になる恐れがあります。データ復旧率を上げるためにも、スキャンディスクやデフラグはおこなわないでください。

アクセスできないハードディスクは早急にシャットダウンする

ハードディスクの中にまだデータが残っている可能性があります。その後ファイルの読み書きをおこなうと、データ復旧率が下がる恐れがあります。
すぐに使用を中止し、適切な方法でシャットダウンしてからデータリカバリーサービスまでお問い合わせください。