ハードディスク診断ソフト Dr.SMART Lite

ハードディスク診断ソフト Dr.SMART Lite

弊社では、ハードディスク診断ソフトを無料でご提供しています。
ハードディスクには寿命があります。ドクタースマート ライトは、ハードディスクの状態を常時監視し、故障の前兆を察知、問題を検出したときは、ユーザーに即座に通知します。

Dr.SMART Liteのダウンロードへ

ハードディスク診断ソフト Dr.SMART Lite

製品紹介

ディスク情報
設定
S.M.A.R.T情報
  • 「温度」「スピンアップ時間」「RAWリードエラー率」などの、ハードディスクに関するパラメータを監視し、しきい値との比較により故障発生の予兆を検出します。
  • 「シリアルナンバー」「型番」「シリンダ数」「パーティション情報」などのハードディスクに関する基本的な情報を表示します。
  • ハードディスクの良好度を表す S.M.A.R.T. 情報を表示します。
  • スケジューラ機能により「警告温度」「監視の間隔」「監視のログ」の設定をおこなえます。
  • 問題の検出時、通知メールを送信できます。

S.M.A.R.T. とは

S.M.A.R.T.(Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology)は、ハードディスクの問題に対する早期警戒のために搭載されている機能です。
ハードディスクのICと各種センサーは、あらゆる角度から自己のパフォーマンスを監視しています。Dr.SMART Lite は、ハードディスクから取得した S.M.A.R.T. 情報をもとに、ディスクが正常に動作しているかどうか判断しています。

ハードディスクの故障の種類は

典型的な例として、オーバーヒートノイズによるスピンドルモーターの故障、ベアリングの故障、ヘッドアセンブリの故障、ヘッドの汚れなどがあります。

ハードディスクが正常に動作しなくなることなんてあるの

ハードディスクは、多くの超精密部品から構成されており、利用時間や利用環境によってこれらの部品が徐々に劣化し、ドライブエラーを起こしやすくなります。
その後は、エラーの発生頻度が高くなったり、突然正常に動作しなくなったりします。

警告がよく出るようになったら

Dr.SMART Lite は、ハードディスク温度が警告温度に近くなった場合や、その他のS.M.A.R.T属性(Spin Up Time, Raw Read Error Rate 等)が許容範囲内でなくなった場合、警告のメッセージを表示します。
大切なデータを失わないための対策として「他のディスクへのデータのバックアップ」「コンピュータの買い換え」などを検討し、速やかな対処をおすすめします。

ダウンロード

Dr.SMART Liteのダウンロードについて

ご使用上の注意事項

  1. 本ソフトに関するお問い合わせには回答いたしかねます。操作方法についてはヘルプファイルを参照してください。
  2. 本ソフトの使用中に生じた如何なる問題に対しても弊社は一切の責任を負いません。お客様の責任と判断の範囲においてご使用ください。

動作環境

OS Windows Vista/XP/2000/Me/98SE(Windows Vista/XP/2000 は管理者権限が必要)
メモリ 16MB以上かつOSの動作環境を満たすメモリ容量
ハードディスク 1MB以上の空き領域

ダウンロードとインストール方法

  1. 上記リンクをクリックすると、ファイルの保存用ダイアログが表示されます。ファイルをダウンロードしてください。
  2. 保存先のフォルダを指定し [保存]をクリックすると、ファイルのダウンロードが始まります。
  3. ダウンロードの完了後、保存したファイルをダブルクリックすると、セットアッププログラムが起動します。
  4. セットアップウィザードの説明にしたがってインストールをおこないます。